2010年12月15日

http://www.asahi.com/science/update/1214/TKY201012140212.html

>国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、
日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる

>大規模なプラントで大量培養すれば、自動車の燃料用に1リットル50円以下で
供給できるようになるだろう

>また、この藻類は水中の有機物を吸収して増殖するため、生活排水などを浄化しながら
油を生産するプラントをつくる一石二鳥の構想もある


これが実用化されたら果てしなく物凄いんじゃなかろうか。

まずガソリン値下がり嬉しいよね。
リッター50円だってさ!
運送会社はウハウハ!雇用増えたらいいな!

高速バスも安くなったりして!
国内旅行も安く行けたらいいなあ。
各地の観光業も盛り上がっちゃったりなんかしてさ。
温泉行きたいねー。
あっ、飛行機も安くなるかも?
北海道行ったことないんだよなー。

上げればキリないですが、身の回りのもの全てに石油が関係してるんですよね。
藻が頑張ったら、経済や社会構造にすごい影響があるような。
夢の技術だなー。
こういうのは税金使ってガンガン支援して欲しいなー。
まあマジコン議員に仕分けられちゃいそうだけどね!


ところで2万ヘクタールってどんくらいよ?
1ヘクタール=10000平方メートル
20000ヘクタール=200000000平方メートル
200000000平方メートル=200平方キロメートル

八王子と昭島を足したら203.66平方キロメートル
おおっ!こんくらいならどうにかできそうじゃん!

でも誰がどうにかしてくれるんだろう。
国が音頭とってくれればいいけど、夢のまた夢だねー。
やっぱ石油会社かなー。

石油会社さま!どうか私を温泉に連れてって下さい!
posted by ペンギンぺん子 at 12:24| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。